登録販売者の仕事内容とは?

【登録販売者の仕事内容とは?】


医薬品販売をメインにしている職場とは?


医薬品販売をメインにしている登録販売者の職場はコンビニやドラッグストア、スーパーマーケットなどさまざまな場所があります。今は少し大きな店舗になると、テナントとして薬局が入っているところも珍しくありません。

薬販売業者も知名度の高いところがあるので、大型のスーパーなどは積極的にテナントを許可しています。こういった気軽に薬を購入できるところで働くのも登録販売者の仕事です。コンビニやドラッグストアの場合、医薬品の説明だけではなく商品の陳列や接客も業務の中に含まれています。医薬品の説明も求められることはありますが、どちらかと言えば接客や商品陳列の方が多いのではないかと思われます。接客が苦手な人には不向きかもしれません。

他にも接骨院などで併設している薬店、漢方薬局で医薬品販売者として働くこともできます。登録販売者は基本的に自分の働きたいところで働ける資格なので、難しく考える必要はありません。ただ、医薬品のみに関わりたい人は大きなスーパーよりも漢方薬局など小さなところで働くことによって、お客様と薬を繋ぐ架け橋の役割を担うことができます。大きな場所になればなるほど、医薬品とは関係ない仕事も任される可能性が多いことは覚えておきましょう。