登録販売者の仕事内容とは?

【登録販売者の仕事内容とは?】


登録販売者は職場によって仕事内容が変わる


登録販売者の仕事はジャンルによって大きく変わります。例えば、製薬会社などで営業を続けていて自分で薬局などを開業する人もいます。この場合、登録販売者の資格だけではなく店舗販売業許可も必要になります。

基本的に何らかの店を開業する場合は、登録販売者以外の資格や許可が必要になることを覚えておきましょう。許可の手続きの仕方は都道府県によって異なる場合もあるので、各都道府県の公式ホームページや市役所に直接問い合わせてみる方が確実です。

他にも、登録販売者はコミュニケーション能力も必要と言われています。その理由として、ドラッグストアなどにはさまざまな薬が並んでいるからです。同じ風邪薬でもAとBでは何が違うのかなど質問をしてくるお客様もいます。その時にすぐ対応できる臨機応変さが必要となるのです。お客様にとって薬のことを聞けるのは登録販売者しかいません。だからこそ、コミュニケーション能力がない人だと薬の説明もきちんとできないのではないかという不安があるのではないでしょうか。

過剰なコミュニケーションは必要ありませんが、お客様の疑問にスムーズに答えられる程度のコミュニケーション能力は養っておくようにしましょう。