登録販売者の仕事内容とは?

【登録販売者の仕事内容とは?】


登録販売者って何をする仕事?


登録販売者の仕事内容は「一般医薬品の販売業務」です。しかし、医薬品であれば何でも良いというわけではなく、第2類と第3類のみの販売業務となります。それ以外は薬剤師がいないと販売できないことになっているのです。

薬のことに関しては、薬剤師が対応するというイメージがあるかもしれません。確かに病院であればそうなるのですが、すべてのドラッグストアやコンビニで薬剤師が対応するわけにもいきません。そんな時に登録販売者の資格が役に立つのです。登録販売者も専門的な知識を要しますが、薬剤師のような薬の成分をすべて把握するようなことはありません。あくまでも、一般的に販売されている薬の知識を覚えるだけです。

ただ、登録販売者の仕事は種類によって大きく異なります。先述したようにドラッグストアなどで販売する場合、製薬会社の営業、薬局などの独立開業、登録販売者だからといって仕事内容が決められているのではなくさまざまな分野で多岐にわたって活躍できるものなのです。

そして、登録販売者に向いている人は医薬品に関する知識を常に蓄えられるよう勉強を惜しまない人です。市販薬と言えど、副作用が強いものもあります。人によっては合わない薬も少なくありません。そういったリスクを軽減できるよう、しっかり説明できることが条件となるのです。薬自体、常に進化を続けるものです。そのため、勉強する部分を「ここまででいい」と考えてしまう人には向いていないと言えるでしょう。


【当サイトに関するオススメリンク】
資格を持っていれば登録販売者の仕事はたくさん見つかるでしょう。登録販売者向けの転職サイトには役立つ情報が掲載されていますので、ぜひお役立てください